併伝武道

戦場での闘いは最後は体術となる。武芸百般という。手に持つ得物は変われど、身体操法の原理は皆同じ。合気道の理合もまた剣の理合と同じ。ここに併伝武道として合気道を学ぶ意義がある。合気道は相手の「手を取る」ことから始まるが、これは抜刀阻止を意味する。それを捌く技法は剣の振りかぶりや斬り下ろしの理合であり、それが合気道となる。

剣は斬るためだけにあるのでない。斬れなくても相手を崩し倒せば敵を制することができる。無外流の形にもその理合を使う形が含まれている。剣の技法を学ぶことは合気道技法を学ぶことであり、合気道技法を学ぶことは剣の技法を学ぶことである。万法帰一なり。