辻月丹資茂

流祖・辻月丹ツジゲッタンスケモチ(幼名:兵内)は、慶安二年(1649年)近江の国甲賀郡 宮村字馬杉生れ、13才の時京都で山口流の山口卜真斎について山口流剣術を学び、26才の時山口流の免許を認可されます。甲賀に帰った月丹は岩尾山や油日 岳に籠もって厳しい修行を重ねた後、江戸に出て麹町九丁目に山口流兵法の道場を開きます。そして、弟子と稽古する傍ら、学問と心の修養の必要を感じ、麻布 吸江寺の石潭禅師に師事、 禅学と中国の古典を学び、45歳の時悟りを開き、第二世神州和尚から師石潭禅師の名で偈(げ)を授けられました。元禄6年(1693年)兵内を改め月丹資 茂(げったん すけもち)となし、流名を偈よりとり無外流としました。
 剣者と共に禅者でもあり、学者でもあった月丹は、吸江寺を訪れる大名とも対等に語る事ができ、その中には小笠原佐渡守長重、厩橋の藩主・酒井勘解由忠挙、土佐藩主・山内豊昌等がおり、月丹の弟子は、大名32家、直参156人、陪臣930人といわれています。

居合は新田宮流の流祖・和田平助正勝の高弟で自鏡流の流祖である多賀自鏡軒盛政に学び、その抜き付けの一刀は誠に鮮やかで燈明の火を切先の刃風で消したという。
 月丹の画には右手に木刀を持ち、眼光鋭い剣者月丹が描かれています。また月丹の没する三ヶ月前の姿は、袈裟を掛け、手には払子を持った高僧の姿で描かれています。
 そして、享保12年(1727年)6月23日、 禅学の師・石潭禅師と同月同日、座禅を組み、念珠を左手、払子を右手に持って一生を閉じたといいます。79歳でした。

 

 ゲ 

一法実無外 イッポウジツニホカニナシ 

乾坤得一貞 ケンコンニイッテイヲウ 

吹毛方納密 スイモウマサニミツニオサム 

動着則光清 ドウチャクスレバ スナワチヒカリキヨシ

10代髙橋赳太郎高運 

 姫路藩に伝えられた正統無外流は、5代 都治 記摩多から無外流を、自鏡流第5代宗家・山村 司 昌茂 から自鏡流居合を学んだ姫路藩『酒井家』剣術指南役髙橋家に6代から10代まで受け継がれました。自鏡流居合は6代で後継者が絶えたため、同じく高橋家に継承され「無外流居合」となりました。 

 

第11代中川申一士龍

 第10代髙橋赳太郎高運の弟子であった第11代中川申一士龍は、土佐無外流(土方派)の川崎善三郎にも師事します。そして高橋赳太郎から継承した「無外流剣術」と「無外流居合」に加えて、土佐無外流川崎善三郎の教えなどを集大成し、体系立ててこれを『無外真伝無外流居合兵道』として名付け世に送り出しました。

 

 

 第16代小西御佐一龍翁

 故中川宗家は生前、次代の継承を語ることなく亡くなられましたが、故中川宗家から「免許皆伝」の巻物を伝授された方が、伝された順に宗家を継承し、小西御佐一龍翁 先生が現在、無外真伝無外流居合兵道の正統第16代宗家を継承し、全国無外流居合道連合会会長を務めています。 

無外流の系譜 

初代

辻 月丹 資茂

 江戸 

第二代 

辻 右平太 

 江戸 

第三代

都治 記摩多 資英

 江戸

第四代

都治 文左エ門 資賢

 江戸 

第五代

都治 記摩多 資幸

 江戸 

第六代

高橋 八助 充亮

 姫路藩 

第七代 

高橋 達蔵 充玄

 姫路藩 

第八代 

高橋 八助 成行

 姫路藩 

第九代 

高橋 哲夫 武成

 姫路藩 

第十代 

高橋 赳太郎 高運 

 大日本武徳会

第十一代

中川 申一 士龍

 居合道連盟

第十二代

中谷 臣志 

 岸和田市

第十三代

白井 亮太郎

 岸和田市

第十四代

戸田 誠寿

 尼崎市

第十五代

岡本 義春 

 八王子市

第十六代

小西 御佐一 龍翁

 

 

居合の系譜 

林崎甚助重信 1542-1621 神明夢想流

 

  → 田宮平兵衛業正(田宮流)

 

    →和田平助正勝(新田宮流)

  

     → 多賀自鏡軒盛政(自鏡流)

   

       → 辻月丹資茂(無外流)1648-1727