無外流の特徴は、、、

無外流真伝剣法訣

流祖・辻月丹が残した無外真伝剣法訣は十則あるが、これについて中川士龍はこのように述べている。

「この剣法訣は流祖が、無外流兵法の形よりも、その精神が後世誤って伝えられるのを怖れて書き残したものである。流儀によっては形の崩れるのを怖れて図示したものが大部分である。形の崩れるのは困ったことであるが、形のみに捕われてその形が何を意味しているかも分からずにやっているのが甚だ多いのはこれも困ったものである。(中略)

流祖の月丹は、形が崩れるのはその精神が失われることにあるを知って、その訣筌を書き残したので二百五十年の後の今に於いて流祖の精神を以て居合や形を業じ得ることは有難いことで祖師に対し感謝する次第である。(以下略)

剣の三徳

智 神明剣

仁 万法帰一刀

勇 獅王剣

無外流真伝剣法訣十則

  一.獅王剣
  二.翻車刀
  三.玄夜刀
  四.神明剣
  五.虎乱入
  六.水月感応
  七.玉簾不断
  八.鳥王剣
  九.無相剣
  十.万法帰一刀
     一円